前へ
次へ

不可となる本買取を知っておこう

CD・DVD・ゲームソフトなどまで取り扱いしているのならば、利用価値は十分あるでしょう。
本買取に満足しているヘビーユーザーの多くが、オンライン・オフライン古書店を上手く使い分けているようです。
特に、ネット上で古本買取することにより経費を抑え、顧客に還元してくれるようです。
また、ネットワークを活かしているから、新書から古書まで、市場で需要のある店舗(施設)に販売ルートを持っています。
ですから例えば、最近教育界で議論になっている民間の英検延期問題を受け、検定本もしっかり値段をつけてくれるでしょう。
しかし、いくら状態が良くても、最近の検定本にはCDや小冊子が付属されています。
紛失していたり、CDにキズがついていたら、本買取不可となりうることも知っておきましょう。
大抵は、古本業者での買取でしょう。
査定基準が業界であらかた決まっています。
古本だから、状態が良いものばかりではないのは致し方ない、そうした声は消費者の意見ですが、再販する業界では信用第一となる死活問題です。
陽に焼けていないか、特にページをめくる端が折れている(クセがつく)だけで、買取不可となるジャンルもあるようです。
お菓子のクズが挟まれていたり、それこそ、ページが破れていたり、汚れの状態によっては寄付することも考えましょう。
そうしたサービスも請け負う業界でもあります。

Page Top