前へ
次へ

本買取ができなかったパターン

私は、小学生だった頃古本屋に行き本買取を依頼したことがあります。
それにもかかわらず、買取がうまくいきませんでした。
その理由を今から説明します。
小学生の時に、歴史の本が好きだった私は、部屋にいくつかの歴史の本を溜め込んでいました。
ただある日、お金が欲しくてそれらの本を売却しようと思ったわけです。
売却する本はたった2冊でしたが、私にとっては非常に価値のある本でした。
古本屋といっても当時の古本屋は大手チェーン店などではなく、個人で経営している小さいお店です。
眼鏡をかけて禿げた60歳位の親父がカウンターに座っており、この本を売りたいと伝えたところ、いぶかしげな表情をして私の顔を見つめました。
どうやら、私が売ろうとした本は私が小学生と言うこともあって買取をしてくれなかったようです。
あるいは、お店の店からとった本だと思い込んだのでしょう。
かくして、私が本買取をしようとした行為は失敗に終わりました。
ただ、今から考えれば売却できたとしても1冊10円程度ですので小学生の私にもそれほど価値はなかったのだと思います。

Page Top